タラバガニといえば、ズワイガニや毛ガニなどの
他のカニに比べてとても大きいサイズのカニです。

食べごたえのあるぷりっぷりのカニを食べるなら
特におすすめのカニですがタラバガニは高級食材です。

高級なタラバだからこそ、相場がどのくらいかは気になるところだと思います。

この記事では、タラバガニを食べたいなって時に、気になる相場や価格、
安くて品質の高いカニを見つけるにはどうすればいいのかについて紹介していきます。

タラバガニの相場や値段はどのくらい?

タラバガニの相場については産地や大きさ、品質などに
よって差が出てきますが、1kgあたり約4000円から10000円程度です。

この差はどこから出てくるのかというと、
上記の産地など以外にも、カニを甲羅と脚付きのまるごと1杯で購入なのか、
脚、肩のみで買う場合には、本数や重さなどが影響します。

そのほかにも訳ありのカニで脚が揃っていない場合、
傷がついているようなカニだと相場価格は下がってきます。

まるごと1杯という購入の仕方はタラバガニの
場合は甲羅にあるカニみそを食べることが通常ないため、
肩や脚で購入する方が人気があります。

甲羅付きのカニと脚や肩付きのみのカニならどっちが高い?

甲羅がついているカニとどっちが高いのかについては、
甲羅ありのまるごと1杯の方が高くなります。

ただ、同じ重たさであれば、脚、肩付きの方が
身が詰まっていて食べれる量は増えます。

タラバガニの重たさが1キロ前後である場合には、
まるごとではなくて、1肩から1肩半ぐらいであることが多いです。

肩という部位はどこを表現しているのかというと、
右側の脚、左側の脚の事を意味します。

1肩というのは4本の脚のセットのことを指すということですね。

甲羅付きで甲羅のみそを食べることは基本的にないため、
肩、脚などのみが詰まったセットがおすすめといえます。

タラバガニやヤドカリの仲間であり、みそは少量ありますが、
固まったりもせず、味もよくないことで取り除くまたは取り除かれている
場合がほとんどなのです。

タラバガニ輸送時の状態によっても相場は異なるの?

タラバガニを買う時には、カニの状態に
よっても価格が異なる場合があります。

活きなのか、生なのか、ボイルなのか、
輸送時の状態によって価格に差が生まれることがあります。

活きの状態とは、カニを買ってから食卓に届くまで
カニが生きている状態で届くことを意味します。

輸送にかなり気をつける必要があるため
高くなりがちですが、購入する店によってはボイルと
変わらない店舗もありますが、一番高価になるのは活きカニです。

生冷凍やボイルは大抵同じ価格になっていることが多い印象です。
価格がほぼ変わらない場合には、活きガニはおすすめです。

タラバガニ相場と比較して安いカニを選ぶならどれ?

タラバガニの相場価格と比較して
人気もあり、価格も安いのがズワイガニや毛ガニになります。

タラバガニは身が大きいので、食べごたえを求める人には
人気がありますが、カニみそが好きな人やカニの甘味を
求める人にはズワイガニや毛ガニの人気が高い傾向にあります。

この安さには日本産なのか、ロシア、アメリカ産なのかなどの
どこの漁場で水揚げされたなどによっても異なります。

一般的に相場だけで考えると、
タラバガニよりもズワイと毛ガニは少し安く購入できます。

ただし、ズワイガニの場合、産地のブランドガニでもある松葉ガニや越前ガニなどの
カニの場合は高価になりタラバガニよりも高くなることが多いので一概には言えないです。

一般的なスーパーなどで販売されているカニの相場価格で
比較するとズワイの方が安く売っているのを多く見かけます。

タラバガニは輸入が漁場の規制によって漁獲量が減って
価格が高騰していたり、国産の北海道産タラバは特に高級になっていて
相場が上がっています。

品質の良い店舗でカニを選ぶ必要があります。

似ている種類のアブラガニの可能性も?

タラバガニは年々希少性が上がってきているので
相場が上がっていますが、とても似ているアブラガニを
悪質なお店ではタラバガニとして販売している場合があります。

アブラガニもタラバと同じくヤドカリ科であり、
見た目だけで見てもいくつか違う点はありますがすごく似ています。

カニの甘味としては本タラバガニの方が強いとされていますが、
一般的に相当カニを食べている人でもない限り味だけで気づく人は
本来少ないようです。

ですが、アブラガニはボイルして発送された場合に
2、3日で甘味が一気に抜けていくのと比較して本タラバガニはそんなに変わりません。

こういった違いがあるため、過去に悪質な店舗がタラバと偽ったことで
アブラガニにひどい印象をもっている人もいますが、活きのアブラガニは
とても美味しく北海道では人気も高いようです。

アブラガニはタラバガニよりも見た目の紫は濃い色味ですが、
茹でるとほとんど同じような赤色になります。

見分けるための方法は甲羅の中心あたりに
4つだけのとげの場合、アブラガニ、6つとげがあるなら
タラバガニですが、傷があったり取れていて見分けるのが難しい場合もあります。

また、タラバガニは脚や肩のセットで注文することが多いので
甲羅をみない場合も。

脚で見分ける方法として、カニの脚の裏側の足先から
数えて第二関節の部分に色があるかないかでの見分け方があります。

この見分け方では色がついてるのがタラバでついていないのが
アブラガニです。

今は偽るようなひどい店は減っていますが、
長年やっていて口コミの良い人気点から選ぶのが安心できますね。

品質の高いカニを選ぶ方法は?

品質にこだわったカニ通販店舗を見つけるなら
レビューのチェックは必要といえます。

ただし、悪質な販売店の場合にはサクラのレビューもあるといわれているので、
実際に買った人の感想と思えるものを見たり、総合的なレビューを
チェックしていくといいでしょう。

当サイトで紹介しているお店については私自身がカニ好きという
ことで実際にかなり調べたうえで、購入もしたうえで紹介している店舗さんです。

安心してご納得いただけるカニが届きますよ(^^)

カニ本舗 匠本舗

カニ通販のランキングではネットで2016年度の1位も獲得。特に人気なのはバルダイ種のズワイガニむき身セットなどで、カニ鍋をする人には特におすすめです味もよくボリュームもありますし、なんといっても梱包などもカニが来たとテンションが上がる豪華な梱包です。口コミもよく長年運営されている信頼できる通販店です。ズワイガニ以外にもタラバガニ、毛ガニも販売されていますし、毛ガニは北海道産を注文することができます。カニの贈り物としても最適ですので安心感のある通販店ですよ!ポーション、脚のみ、姿など様々なカニを販売しているお店ですが、特にカニのむき身には力が入っている印象があります(^^)

かにまみれ

全品訳なしのカニばかりにこだわっており、評判としてもとても高い店舗になります。訳なしのみですし、ギフト用のカニとして丁寧な梱包やサービスを用意しています。札幌にある通販店で間違いなくカニの品質が高い店舗ですよ。四大蟹が食べられる四大蟹セットは贈り物にも最適です☆毛ガニとズワイガニとタラバと花咲ガニが食べれるなんて贅沢ですよね!ズワイガニのポーション、こだわりの堅蟹のみの毛ガニ、タラバガニの極太の脚など品揃えも豊富で安定感のあるお店です!ちなみに堅蟹のみとなっている毛ガニは冷凍で届きましたが、冷蔵庫解凍を約1日半ぐらいで食べた所、激うまでございました!家族の評価では毛ガニはここが最強!

北釧水産

北海道での加工を行っており、毎年のように毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニと安定感たっぷりの旨味と甘さが最高級のカニをお届けしてくれます。私自身も活きの毛ガニと冷凍の本ズワイガニのポーションを購入しましたが鮮度抜群で身入りも旨味も完璧でした!まさにどのカニを買っても美味しい!はずれなしという感じです。まるで高級旅館で食べているのかなと思う品質のカニを食べれます。ズワイガニも毛ガニも時期によっては活きの状態で販売されています。自宅に届いた段階で生きている新鮮なカニを食べれることも鮮度抜群のカニを扱っている専門店ならではです。売り切れになる事も多いのでお早めに最高の旨味が味わえるカニを!

浜海道

浜海道は梱包が丁寧で段ボールの中に包装紙、その中に発砲スチロールの徹底ぶりなので贈答品にもおすすめです。カニの質は十分に高くとても美味しいカニが届きます。カニの脚のみなどのズワイガニやタラバガニはとてもお得な商品も多く安くて量も多いです。ズワイガニとタラバガニの脚セットなどは人気のカニを食べ比べできるので人気があります。 また、タラバガニの姿や毛ガニ5尾セットも人気がありますよ!私が実際に食べたのはタラバガニのポーションでしたが、ジューシーで身もプリプリでとても食べごたえありました!カニバター焼きは最高でしたし、マヨネーズもよく合いました(^^)姿のタラバガニや毛ガ二も人気があるので今後注文していこうと思います!